東京五輪中止回避に安堵も

共同通信

 安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が24日に東京五輪の1年程度の延期で一致したことに対し、スポンサー企業からは落胆の一方で、中止という最悪の事態が回避されたことへの安堵の声も聞かれた。

 あるスポンサー企業の関係者は「夏の大会に向けて準備してきたため残念だ」としながらも「中止にはならなくて良かった。延期でも基本的に協賛を降りるつもりはない。先行きは不透明だが、しっかりと最後まで責任を果たす」と話した。

 日本コカ・コーラは「IOC、大会組織委員会の決定を全面支持する姿勢は変わらない」とコメントした。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ