G7、治療薬開発を資金支援

共同通信

 日米欧の先進7カ国(G7)の財務相が24日、テレビ電話会議を開いて共同声明を発表した。新型コロナウイルス感染症の大流行に伴う世界経済への影響を最小限に抑えるため、必要な全ての政策を実行すると再確認。診断体制の整備や治療薬・ワクチン開発を大きな課題に挙げ、国際通貨基金(IMF)や世界銀行と協力しながら資金支援に当たると表明した。

 声明には中央銀行総裁も名を連ね、金融政策を巡り「必要な限りの期間、拡張的な政策を維持し、さらなる行動を取る用意がある」と記した。

 また各国の財政出動や金融緩和策を踏まえ、G7が「行動を取り、協調を強化している」と強調した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ