ソフトバンクグループを格下げ

共同通信

 米系格付け会社ムーディーズ・ジャパンは25日、ソフトバンクグループの格付けを「Ba1」から「Ba3」に2段階引き下げた。同社の大規模な資産売却の計画に対し「資産価値と信用力が悪化する可能性がある」と説明している。ソフトバンクは格下げに抗議した上でムーディーズから取得していた格付けを取り下げた。

 ソフトバンクは23日、財務改善を目的として最大4兆5千億円分の資産を売却、現金化する計画を公表した。それに対し、ムーディーズは株価が下落傾向にある中での資産売却は割安な価格で現金化されることにつながると指摘。さらなる格下げ方向への見直し対象としている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ