双方の捕虜解放、31日から

共同通信

 【イスラマバード共同】アフガニスタン政府と反政府武装勢力タリバンは25日、インターネット電話を通じ捕虜解放について2度目の協議を開いた。米国のハリルザド・アフガン和平担当特別代表はツイッターで、双方が31日から捕虜を解放することで合意したと明らかにし「前向きな進展だ」と評価した。

 2月末の米タリバンの和平合意は、政府側がタリバンの捕虜最大5千人を、タリバンは政府側の捕虜最大千人をそれぞれ解放し、その後、停戦に向けた協議を開くとしている。

 ガニ氏は段階的で条件付きの捕虜解放を指示したが、タリバンは無条件での解放を求めて反発。ハリルザド氏が協議を仲介した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ