「かんばん方式」とは?

グロービス経営大学院

かんばん方式とは、生産現場で、連続する工程間の仕掛在庫を最少にするための仕組み。トヨタ生産システム(TPS)でジャスト・イン・タイムを実現するために開発された手法の1つ。

 

かんばん方式で、前工程はかんばん(生産指示標)を発注書として受け取り、製品を加工する。

加工後、加工品はかんばんとともに後工程に渡される。

この時、かんばんは納品書の役割を果たす。

後工程は受け取った加工品を使ったら、そのかんばんを前工程に戻す。

かんばんが戻ってきた前工程は、再び次の加工をする。

 

この一連の流れで、工程間の仕掛在庫を最少化することができる。

生産指示標としてかんばんを使うことから「かんばん方式」という名称が用いられるようになった。

前工程のかんばんを仕掛けかんばん、後工程のかんばんを引取りかんばんとも呼ぶ。

 

なお、「かんばん方式」はトヨタ生産システムの一環として、大野耐一氏(元トヨタ自動車副社長)が開発した。また、MITのジェームズ・P・ ウォマック等がトヨタ生産システムを研究調査して「リーン生産方式」として欧米に紹介し、日本自動車メーカーが欧米を追い抜く日が来ると、当時の欧米自動車業界に衝撃を与えた。

現在では、電子かんばんの研究も進んでいる。電子かんばんのメリットは、従来のかんばんでは存在する伝達ロスなどが改善できる、かんばん全体の総量などが把握できる、生産ボリュームの変化の対応が即座にできるといった点である。

一方、デメリットには、従来のかんばんのような、現場で状況が「見える」というメリットを失うことが挙げられる。

また最近は、環境問題やCSRの考えから、かんばん方式やJITが過度になると、少量物流によるトラックなどの運行が増えCO2増加につながるといった環境問題も指摘されている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ