レナウンの神保社長ら再任否決

共同通信

 アパレル大手レナウンは26日開催した定時株主総会で、神保佳幸社長と北畑稔会長の再任議案が否決されたと発表した。グループで約53%の株式を持つ中国繊維大手「山東如意科技集団」が反対した。総会後の取締役会で、毛利憲司取締役上席執行役員が同日付で社長に昇格する人事を決めた。神保社長は相談役、北畑会長は顧問に就き、2人とも取締役を退いた。

 山東如意は総会で神保社長と北畑会長を解任する動議を提出し、可決された。レナウンによると、山東如意は3月中旬、経営体制の若返りを目的として取締役刷新を打診していた。

 レナウンは経営不振で2010年に山東如意の傘下に入った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ