都知事、密集回避に「協力を」

共同通信

 東京都の小池百合子知事は26日、共同通信の単独インタビューに応じ、新型コロナ感染拡大防止に関し、「東京はさまざまなイベントなどがあり、それを目指してくる人も多いが、今は重要局面だ」と述べ、隣県だけでなく全国からの来訪者に、密集回避への協力を呼び掛けた。

 小池知事は日本各地で感染者集団が発生していることを挙げ「日本中どこに行っても危険」と指摘。「東京に来て楽しもうという人もいる」と理解を示した上で、自分が感染させる可能性をしっかりと意識してほしいと語った。

 東京五輪・パラリンピックの延期の判断については「ぎりぎりで最後のタイミングだったと思う」と評価した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ