米、コロナで関係国と連携強化

共同通信

 【ワシントン、ロンドン共同】トランプ米大統領は26日、20カ国・地域(G20)首脳による緊急テレビ電話会議後に行われた記者会見で、新型コロナウイルスに関し「迅速に情報やデータを共有する重要性について話し合った」と述べ、関係国と連携を強化する意向を示した。

 フランスのマクロン大統領は電話会議後、ツイッターで「トランプ氏と非常によい議論ができた」と表明。新型コロナへの対策として、他国とともに「新しい強力な構想」を準備していることを明らかにした。

 G20は首脳声明で、経済的な打撃に対処するため「5兆ドル(約545兆円)超を世界経済に投入する」と表明した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ