東証急反発、終値は724円高

共同通信

 27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急反発し、1万9000円台を回復した。終値は前日比724円83銭高の1万9389円43銭。最近の米国株の短期的な復調が追い風となり、買い注文が優勢だった。週間で上昇するのは7週ぶり。週間上げ幅は計2836円60銭に達し、過去最大となった。

 ただ新型コロナウイルスの首都圏での感染拡大は警戒され、27日の取引時間中の値動きは不安定だった。直近の米国株の急騰は歴史的な下げ相場の反動という側面もあり、極端に揺れる状況を映し出した。

 東証株価指数(TOPIX)は60・17ポイント高の1459・49。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ