英王子夫妻、公務から正式に引退

共同通信

 【ロンドン共同】英王室のヘンリー王子(35)とメーガン妃(38)が31日で公務から正式に引退した。英PA通信によると、夫妻は既に米国に移住。予定した「王室」ブランドの利用は認められない上、トランプ大統領からは警護費用の負担を拒まれており、前途は不透明だ。

 「ここでは会えなくなるかもしれませんが、私たちの取り組みは続きます」。夫妻は30日、写真共有アプリ「インスタグラム」に、お別れのあいさつを投稿した。

 アカウント名義は、王子の称号「サセックス公」と、王室を意味する「ロイヤル」を合わせたサセックスロイヤル。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ