コロナ「瀬戸際」状態は長期継続

共同通信

 安倍晋三首相は1日の参院決算委員会で、国内での新型コロナウイルスの感染拡大に関し、沈静化する見通しは立っていないとの認識を示した。「幸いにしてオーバーシュート(爆発的患者急増)を回避できたとしても、瀬戸際の状態が、ある程度の長期にわたって続く」と述べた。

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を出す要件に触れ「現時点では全国的かつ急速なまん延の状況にはなく、ぎりぎり持ちこたえている」と重ねて指摘。宣言の要否について「国内の感染状況を注視し、専門家の意見も十分に聞きながら適切に対応したい」と語った。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ