ヌーラボ、テレワークに取り組む企業向けにビジネスチャットツールの「Typetalk」を90日間無料で使えるキャンペーンを開始

PR TIMES 株式会社ヌーラボ

株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下ヌーラボ)は、新型コロナウイルス感染症の対策のためにテレワークに取り組み始めた企業を応援するため、チームのコミュニケーションを促進するビジネスチャットツール「Typetalk(タイプトーク)」を90日間無料でお使いいただけるキャンペーンを開始したことをお知らせします。


キャンペーンについて

Typetalkのスタンダードプランを登録したユーザー、また現在無料トライアル中のユーザーを対象に、本来30日間の無料トライアル期間を90日間にてご提供いたします。

【これからTypetalkをお試しになる方】
2020年4月1日(水)~4月30日(木)までに「スタンダードプラン」のトライアルをお申し込みください。
Typetalkトライアル申し込みサイト:https://www.typetalk.com/ja/pricing/

【既にトライアルにお申し込みでお試し中の方】
お手数ですが下記のアドレスまで「スペースキー」をお知らせください。トライアル期間を延長し、90日間お使いいただけるように対応します。
「スペースキー」は、Typetalkの画面の左下にある [設定] の中の [基本情報] からご確認いただけます。
スペースキーのご連絡先:typetalk-promotion-ja@nulab.com

※キャンペーンの詳細はこちら:https://www.typetalk.com/ja/blog/typtealk-telework-campaign-20200401/
キャンペーン実施の背景について

新型コロナウイルス感染症の流行により、企業に対してテレワークへの対応が求められてきました。しかし、ヌーラボのBacklog総研が実施したテレワークに関する調査によると、IT・インターネット業界においても未だ35.3%しかテレワークが活用できていないという結果がわかりました。

コラボレーションツールを提供するヌーラボとして、できるだけ多くの企業のテレワーク導入をサポートするとともに、新型コロナウイルスの感染拡大防止に貢献するため、テレワークのインフラとなるツールを気軽に利用いただけるプランを用意いたしました。

ビジネスチャットツール「Typetalk」の導入により、1社でも多くの企業がテレワークに挑戦し、より良いテレワーク環境が整うことを願っています。
ビジネスチャットツール「Typetalk」について

http://www.youtube.com/watch?v=H4V19uVWHPM
・「Typetalk」サービスページ:https://www.typetalk.com/ja/

「Typetalk」は「組織に新しいアイディアを生み出す」をコンセプトに、様々なチームの会話を実現するビジネスチャットツールです。「Typetalk」独自の「まとめ機能」「ライン返信機能」や「いいね機能」が、チームのコミュニケーションをより楽しく、円滑にします。今回の「メッセージプレビュー機能」も、その方針に基づいたリリースです。また、プロジェクト管理ツール「Backlog」やビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」との高い連携性も特長です。
ヌーラボが提供するサービスは、より「チーム」にフォーカス

ヌーラボは、ビジネスチャットツール「Typetalk」だけでなく、プロジェクト管理ツール「Backlog」、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」、それぞれのサービスに1つのアカウントでログインするための「ヌーラボアカウント」を開発・提供しています。



いずれも、誰にでも馴染みやすいインターフェースを特長として、国内外多くのユーザーに利用されています。
2019年10月末に「Backlog」カンバンボードのリリースを予告した際に発表した通り、ヌーラボは今後、国内外において、職種や働き方、時間、場所、国籍などを超えたコラボレーションがますます増えていくことを踏まえ、より「チーム」にフォーカスし、「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」の機能開発を推進していく方針です。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://www.backlog.jp/ja/
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com/ja/
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com/ja/
株式会社ヌーラボについて


※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ