福岡の豚骨ラーメン店が破産へ

共同通信

 福岡県内で豚骨ラーメン店「長浜将軍」などを展開する長浜将軍(福岡市)とグループ会社のモンキチフーズ(同)が事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが1日、分かった。帝国データバンクによると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが急減したためで、負債総額は精査中という。

 長浜将軍は1975年に創業。豚骨ラーメン店を福岡県内に4店設け、うち「長浜将軍」の長浜本店を豚骨ラーメンの本場として知られる福岡市・長浜に置いた。通販でもラーメンやギョーザなどの販売を手掛けてきた。

 モンキチフーズはラーメン用の麺やスープなどを製造し、長浜将軍に卸していた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ