医療の機能不全懸念、専門家会議

共同通信

 新型コロナの拡大防止策を検討する政府の専門家会議は1日、国内の感染状況を「爆発的な患者の急増は見られていない」と分析する一方で、都市部を中心に感染者が急増し、クラスターが頻繁に見つかっているため「医療現場が機能不全に陥ることが予想される」と懸念を示す提言を発表した。

 1週間前に比べて大幅に感染者が増えている地域では、期間を決めた外出の自粛のほか、10人以上が集まるイベントへの参加を避けること、多人数での会食をしないことが求められるとした。

 西村康稔経済再生担当相は「本日の議論の中でも、今の時点で緊急事態宣言を発出する状況ではない(と確認した)」と述べた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ