首相、ロシア訪問の見送りを検討

共同通信

 安倍晋三首相は、ロシアが5月9日に予定する対ドイツ戦勝75年式典への出席と、プーチン大統領とのモスクワでの会談を見送る方向で検討に入った。複数の政府関係者が2日、明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日ロ外相会談など前段となる協議が進んでいなかった。

 首相はプーチン氏との会談で、停滞する北方領土交渉の打開に向けて議論する考えだった。茂木敏充外相とロシアのラブロフ外相は2月に、ラブロフ氏の早期訪日で一致したものの、調整が難航。日本政府内では、5月の首脳会談で領土問題の具体的な進展は見通せないとの見方が出ていた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ