オーストリアのスーパーでマスク

共同通信

 【ウィーン共同】新型コロナウイルスの感染拡大抑制策として、オーストリア政府が国民に求めたスーパーでのマスク着用が1日、始まった。「私たちになじみのない文化」(クルツ首相)というマスク着用だが、混乱なく受け入れられ、順調な滑り出しとなった。

 マスクは着用する人よりも、スーパー従業員らの感染を防ぐ意味合いが強い。またスーパーでは、朝の時間帯を重篤化の恐れがより強い高齢者専用にするなどの配慮もしている。隣国チェコなどでも同様の時間帯を設けている。

 オーストリア政府は3月30日、スーパー内でのマスク着用義務化を発表。準備期間を設け実施を4月6日とした。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ