首相、緊急事態宣言に依然慎重

共同通信

 安倍晋三首相は2日の衆院本会議で、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言に関し、現段階での発令に依然、慎重な姿勢を示した。「現時点では、まだ全国的かつ急速なまん延という状況には至っておらず、ぎりぎり持ちこたえている状況だ」と述べた。国内での感染について「少しでも気を緩めれば、いつ急拡大してもおかしくない、まさに瀬戸際が継続している状況にある」と危機感を訴えた。

 同時に「わが国においては今のところ、諸外国のような爆発的感染急増、いわゆるオーバーシュートは見られていない」と分析。「首都圏で、急速な感染拡大を回避することは極めて重要だ」と強調した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ