資生堂、フランスで消毒液を生産

共同通信

 資生堂は2日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、需給が逼迫する消毒液の生産をフランス中部オルレアンの化粧品工場で3月26日から始めたと明らかにした。週2万本を生産し、現地の医療機関に寄贈する。米国の工場でも4月6日ごろから生産を開始する方向で調整している。

 資生堂の欧米工場は感染拡大により、化粧品の生産が停滞している。香水などの生産過程でアルコールを扱うため、知見を生かして生産を決めた。米国の生産量や消毒液の送付先など詳細は今後詰めるという。日本で消毒液を大規模に生産することは現段階では予定していない。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ