淡路島の巨大観音像解体へ

共同通信

 財務省近畿財務局は2日までに兵庫県の淡路島にある高さ約100メートルの「世界平和大観音像(通称)」を解体し、撤去すると発表した。所有者不在で国の所有となっていたが、老朽化が進み危険性が指摘されていた。今後入札で解体業者を決め、2022年度中に撤去を終える計画。費用は未定としている。

 近畿財務局によると、観音像はコンクリート製で1982年、兵庫県淡路市の海を望む高台に建てられた。観光スポットとして知られたが、所有者死亡で06年以降は閉鎖。相続する人がいないことから3月30日付で国の所有となった。近年は一部の壁が落下し、周辺住民からは不安の声が上がっていた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ