米民主予備選、1州が強行実施

共同通信

 【ワシントン共同】米大統領選に向けた民主党候補指名争いで、新型コロナウイルス感染拡大を受け、15州と1自治領が予備選・党員集会を延期する中、中西部ウィスコンシン州は外出禁止令を出しながらも7日に直接投票を実施する。「健康か投票の権利か」の選択を強いると批判が出ており、延期などを求める訴訟が起きている。

 3月下旬から5月に予備選を予定した州が次々と延期し、完全に郵送投票に変更した州もある。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ