「従業員1人当たり人件費」とは?

グロービス経営大学院

従業員1人当たり人件費とは、付加価値分析の指標の1つ。

従業員1人当たり人件費 = 人件費・労務費 ÷ 従業員数

この比率が高いほど、従業員にとっては待遇の良い会社ということができ、人材の質やモチベーションが高いことが予想される。

しかし、あまり高すぎると利益が圧迫されることになるので、付加価値の総額、あるいは他の関係者への配分額とのバランスが重要になる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ