首相、森友再調査になお応じず

共同通信

 安倍晋三首相は2日の衆院本会議で、森友学園を巡る公文書改ざん問題で自殺した財務省近畿財務局職員の手記公表を受けた再調査に応じない姿勢を重ねて示した。理由に関し、財務省の調査報告書と手記の記載内容に大きな違いがないため再調査は考えていないとの答弁を麻生太郎財務相がしていると説明するにとどめた。記載内容が事実かどうか確認を求められたが答弁を避けた。

 一方、改ざん問題について「行政府の長として責任を痛感している。二度とないよう再発防止を徹底していく」と改めて表明。手記を公表した職員の妻には「改めてお見舞いとおわびを申し上げる」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ