農相の是正指示の違法性を審査へ

共同通信

 総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」は2日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古沖からの小型サンゴ類の移植を巡る国の対応が違法かどうかの審査に入ることを決めた。埋め立て予定海域で見つかった小型サンゴ類を移植するため、防衛省沖縄防衛局による採捕を許可するよう江藤拓農相が県に是正指示したことの適否を6月30日までに判断する。

 委員長の富越和厚元東京高裁長官は記者会見で、是正指示は自治体に対する「国の関与」に当たり、係争委の審査対象となると判断したと説明した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ