米ビッグスリー新車販売10%減

共同通信

 【ニューヨーク共同】米国に地盤を置く「ビッグスリー」と呼ばれる自動車大手3社の2020年1~3月の新車販売台数は、前年同期比9・8%減の158万2062台となった。米国で新型コロナウイルスの感染が急拡大した3月中旬から一気に落ち込んだ。米自動車専門メディアのオートモーティブ・ニュースが2日まとめた。

 金利ゼロのローンなどを導入して需要を喚起しているが、外出が制限された地域では客足が遠のき、修理や点検のみ対応する店が多い。4月の販売台数はさらに減るのが確実だ。感染症の終息が見えず、業績の大幅な悪化が懸念される。

 日本やドイツなどのメーカーも軒並み減った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ