コロナ軽症は自宅、ホテル療養を

共同通信

 厚生労働省は3日、新型コロナウイルスの感染の拡大状況に応じて、軽症者や症状がない感染者について、自治体の用意する施設やホテル、自宅での療養を検討するよう都道府県などに通知したと発表した。大都市圏の病院では入院患者を受け入れる病床が逼迫しつつあり、重症者に対する治療を優先する狙い。通知は2日付。対応については各自治体が判断する。

 現在は感染症法に基づき、症状の程度にかかわらず原則として入院する。厚労省は、入院患者で症状が改善した人の退院基準も見直し、退院までの時間を短縮することも連絡した。

 東京や大阪といった都市部を中心に病床不足が懸念されている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ