新宿年金事務所を閉鎖

共同通信

 日本年金機構は3日、新宿年金事務所(東京)の60代男性職員が新型コロナウイルスに感染していることが判明したとして、同事務所を閉鎖したと発表した。再開時期は未定。

 男性は厚生年金の加入手続きを案内する窓口業務に従事。3月30日に休暇を取得、31日に体調不良を訴え、以降は出勤していない。3日午前、本人側から事務所に新型コロナに感染したと連絡があった。現在は入院している。

 年金機構は3日午前11時に事務所を閉鎖。今後、消毒作業や濃厚接触者の特定を進める。現時点で他の職員に体調不良を訴える人はいないという。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ