イタリアの病院に看護ロボット

共同通信

 【ローマ共同】新型コロナウイルスの感染拡大が続くイタリアの病院で、人工知能(AI)を搭載した看護ロボットが導入された。同国では防護服不足で医療従事者の感染も深刻化。ロボットのサポートで医師らが患者と接触する回数が減れば院内感染防止にもつながると期待されている。地元メディアが3日までに報じた。

 3月下旬に6台のロボットを導入したのは死者・感染者ともに集中する北部ロンバルディア州バレーゼの病院。「7歳児より少し背が高い」というロボットは1台で2人の患者を担当し、呼吸の状態や血圧、心拍数などをチェックする。人の感情を読み取って冗談も理解できるという。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ