トヨタ、生産国7割が停止

共同通信

 トヨタ自動車は3日、新型コロナウイルスの感染拡大による需要低迷を受け、国内5工場で稼働を止めた。完成車工場がある26カ国・地域のうち、計画中の拠点も含め3日時点で生産を停止しているのは約7割の19カ国に上る。日産自動車など他社も相次いで国内外の工場で停止に踏み切っており、感染拡大が続けば、生産停滞が長期化する恐れがある。

 トヨタは既に、北米の全工場を4月17日まで休止することを決定。欧州も6カ国の全ての工場が停止し、一部を除き再開は4月20日以降の見通し。南米は、ブラジルとアルゼンチンを4月後半まで止める予定だ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ