「セルジオ・ロッシ」創業者死去

共同通信

 【ローマ共同】イタリアの有名靴ブランド「セルジオ・ロッシ」の創業者で靴職人のセルジオ・ロッシ氏が2日、北部エミリアロマーニャ州チェゼーナの病院で死亡した。新型コロナウイルスに感染し入院していたという。地元メディアが3日報じた。ANSA通信によると85歳だった。

 ロッシ氏は1935年、靴の生産地として知られる同州サンマウロパスコリで生まれた。靴職人だった父と共に10代から靴づくりを始め、68年に自身の名前をつけたブランドを立ち上げた。「セルジオ・ロッシ」は女性向けが中心の高級靴ブランドで日本でも人気がある。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ