東証大幅続伸、756円高

共同通信

 週明け6日の東京株式市場は、新型コロナの感染対策により、欧米で死者数の増加に歯止めがかかると期待した買い注文が優勢となり、日経平均株価は大幅続伸した。終値は前週末比756円11銭高の1万8576円30銭と約1週間ぶりの高値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は51・17ポイント高の1376・30。

 イタリアで新型コロナによる死者確認数が減少傾向にあるほか、米ニューヨーク州でも5日、死者数の伸びが初めて鈍化した。

 一方、日本では安倍晋三首相が、緊急事態宣言を発令する意向を固めた。経済停滞の影響が広範囲に及ぶとの懸念から、上げ幅を縮める場面もあった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ