「性犯罪に寛容」と裁判長交代

共同通信

 【ソウル共同】韓国で70人以上の女性を奴隷のように扱い、自撮りさせた過激なわいせつ動画を通信アプリ「テレグラム」で有料で公開していた事件があり、犯行に関与したとして起訴された少年の一審担当だった50代の男性裁判長が6日までに交代に追い込まれた。過去の性犯罪事件で「加害者に寛容な判決を出していた」として交代要求が相次いだためだ。

 交代に追い込まれた裁判長は以前、KARAの元メンバー、故ク・ハラさんに対する脅迫や傷害などの罪で起訴された男の一審を担当。性的な行為撮影の罪を無罪とし、執行猶予付きの判決を言い渡したため「性犯罪への認識が低い」との批判が出ていた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ