学士院賞に斎藤通紀氏ら9人

共同通信

 日本学士院は6日、優れた業績を上げた研究者に贈る日本学士院賞に、哺乳類で生殖細胞が発生する仕組みを解明した斎藤通紀・京都大高等研究院教授ら9人を選んだと発表した。自然保護分野の優れた研究を隔年でたたえる日本学士院エジンバラ公賞に、北潔・長崎大熱帯医学・グローバルヘルス研究科長を選んだ。

 学士院賞の他の受賞者は、非正規雇用の増加原因や実態を明らかにした神林龍・一橋大経済研究所教授や、建築物の耐震性能を評価する指標を開発した岡田恒男・東大名誉教授、ビッグデータなどの高速処理技術の基礎を確立した喜連川優・国立情報学研究所長ら。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ