奏功すれば爆発的増加回避と首相

共同通信

 安倍晋三首相は7日の衆院議院運営委員会で、緊急事態宣言に関し「取り組みが奏功し、新規感染者数についてクラスター(感染者の集団)対策が可能なレベルにまで低減できれば、感染者の爆発的増加の可能性は、相当程度低下する」と述べ、国民に協力を呼び掛けた。

 宣言を7日に発令する理由について「感染者の受け入れ対策や、緊急事態措置に対する国民の理解推進など、いたずらに混乱を招くことのないよう周到な準備が必要だ。こうした点を総合的に勘案した」と説明した。

 宣言の狙いに関して「国民の皆さまに行動を変えていただくことで、感染機会の確実な減少を目指す」と強調した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ