個人景況感7年ぶり低水準

共同通信

 日銀が7日発表した3月の生活意識アンケートによると、個人の現在の景況感を示す指数は前回の2019年12月調査から6・5ポイント下落のマイナス36・3で、7四半期連続で悪化した。新型コロナウイルスの感染拡大による不安を反映したとみられ、12年12月以来、7年3カ月ぶりの低水準となった。

 アンケートは2月6日から3月3日までに、全国の20歳以上4千人を対象に実施。2101人から回答を得た。この期間は東京五輪・パラリンピックの延期決定や東京都での外出自粛要請の前。日銀は「新型コロナの影響を完全に反映していない。さらに悪化している可能性がある」との見方を示した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ