JR東日本、宣言出ても減便せず

共同通信

 JR東日本の深沢祐二社長は7日の記者会見で、政府による緊急事態宣言が出ても「現段階では通常通り運行する」として、列車の減便や終電繰り上げは「考えていない」と述べた。これまでに政府や自治体からの要請はないとしている。

 深沢社長は、減便すればかえって混雑して感染リスクが高まるとの指摘に関し、新幹線、在来線ともに利用客が減っている現状に触れ「宣言が出るとさらに減ることも考えられる。動向を見る」と説明。今後、社員の感染者拡大や利用のさらなる減少など事態が悪化した場合「(減便も)選択肢として排除するつもりはない。いくつかのパターンで検討を深めている」とした。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ