LINEアプリで子ども見守り

共同通信

 NTT西日本は7日、無料通信アプリLINE(ライン)を活用した子どもの見守りサービスを始めた。衛星利用測位システム(GPS)を搭載した小型の端末を子どもに持たせ、保護者がラインのアプリ内でどこにいるか確認できる仕組み。奈良県田原本町が7日に導入した。NTT西は今後、他の自治体にも広げたい考えだ。

 端末を開発したのは京セラで、GPSのほかにビーコン(電波受発信器)機能を搭載。学校や塾などの建物内にビーコンの受信機器を設置しておけば、子どもが到着した際に保護者が通知を受け取ることができる。

 保護者はラインアプリを使っていれば新たにダウンロードの必要はない。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ