電子部品大手、マスク生産を開始

共同通信

 電子部品大手のミネベアミツミ(長野県御代田町)は7日、新型コロナウイルス感染症への対策としてマスクの自社生産を1日から開始したと発表した。今後の工場などでの安全操業に向け約10万人の従業員に配布するのが目的で、1日20万枚の生産を目指す。

 工場に新たに生産設備を導入した。現時点では外部販売はしない方針という。工場の場所は明らかにしていない。

 同社によると、国内外の大半の工場では通常稼働を続けている。人工呼吸器や人工心肺装置といった医療機器に使われるベアリングやモーター、センサーなどの部品の需要が高まっており、従業員が使用するマスクの確保などを整備する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ