全柔連職員が新たに2人感染

共同通信

 全日本柔道連盟(全柔連)は7日、東京都文京区の講道館で勤務する事務局の男女の職員1人ずつが新型コロナウイルスに感染したと発表した。発熱によりPCR検査を受け、7日に陽性が判明した。全柔連職員の感染者は3人目となった。

 全柔連では4日に最初の感染者が判明し、他にも10人以上の職員が発熱の症状を訴えた。新たに職員1人が発熱したため、8日に同検査を受ける。

 全柔連は事務局を3月30日から4月10日まで閉鎖すると決めていたが、3月31日は延期となった男女の全日本選手権の開催形式などを協議する会議を実施。最初の感染者ら複数の職員が出勤していた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ