米、武漢の情報共有を要請

共同通信

 【ワシントン共同】米国務省高官は7日、世界で最初に新型コロナウイルス感染が拡大した中国湖北省武漢市の封鎖解除を受け、武漢のウイルス研究機関が持つ情報を共有するよう要請した。ポンペオ国務長官も記者会見で、中国を含む全ての国が新型コロナに関する情報を透明かつ迅速な方法で共有すべきだとの考えを示した。

 米高官は「武漢のウイルス研究機関と直接協力し、彼らが持っている全ての研究成果を共有する機会を得られればありがたい」と表明。「感染拡大は武漢で始まっており、中国の専門家との協力は世界の人々の命を救うために重要だ」と訴えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ