コロナ対策に千億円提供へ

共同通信

 【ニューヨーク共同】米短文投稿サイト、ツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)は7日、新型コロナウイルス対策に10億ドル(約1080億円)を提供すると明らかにした。CEOを兼任する米スマートフォン用決済サービス、スクエアの株式の相当分を拠出する。

 ドーシー氏がツイッターで表明した。自身の資産額の約3割に当たるという。コロナが沈静化した後、資金は途上国の女性支援や、生活に最低限必要な所得を保障する「ベーシックインカム」への取り組みに活用する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ