鈴木長官「今は感染防止第一」

共同通信

 スポーツ庁の鈴木大地長官は8日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大によってスポーツの現場に大きな影響が出ていることに関し「今は日本中、世界中のアスリートが一丸となって感染防止を第一に考えていくべきだ。国民とともに終息に向けて行動する時期だ」と訴えた。

 政府の緊急事態宣言を受け、東京五輪・パラリンピックを目指す選手の強化拠点となる味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)などが利用中止となり「選手強化の最後のとりでとして必死に守ってきたが、国民、アスリートの命、健康を第一に考えようということ」と強調した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ