3月の中国新車販売、回復の兆し

共同通信

 【北京共同】トヨタ自動車日産自動車など日系大手4社の中国市場における3月の新車販売台数が8日に出そろい、新型コロナウイルスの直撃を受けた前月から下落率は縮小し販売回復の兆しが出てきた。

 中国の「車の都」といわれる湖北省武漢市は新型コロナ感染の「震源地」とされ、2カ月以上にわたり都市封鎖が続いた。8日に封鎖が解除され、今後は武漢に集まる部品メーカーの供給を含め生産・販売の安定が続くかどうかが課題となる。

 日産は休業していた湖北省の工場を3月13日に再開。8日に発表した3月の販売は前年同月比44・9%減の7万3297台で前月80・3%減から大きく縮小した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ