定時株主総会、6%が延期を検討

共同通信

 例年6月下旬に集中する3月期決算企業の定時株主総会について、新型コロナウイルスの影響で6%の会社に7月以降への延期を検討する動きが出ていることが、東京証券取引所のまとめで8日までに分かった。総会のインターネット中継も広がるとみられる。

 東証は4月初めから約2300社の上場企業を対象に調査。6日までに回答のあった726社の集計結果を速報版として公表した。このうち3割強が6月26日に開催予定と答えており、今年の集中日になる見通しだ。

 一方、7月以降に開催を延期するかどうか検討していると答えた企業は6%に当たる約40社に上った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ