世界貿易、最大32%減少

共同通信

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は8日、新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年の世界の貿易量が前年比で13~32%減少するとの見通しを発表した。減少幅は金融危機の影響を受けた08~09年を上回る規模になるという。

 アゼベド事務局長は外出・移動制限や店舗の休業など「各国政府は前例のない措置を取らざるを得なかった」とし、貿易量減少は「不可避」と指摘した。また、感染拡大が制御できず、各国政府が協調して効果的な対策を打ち出さなければ「減少幅はさらに大きくなる可能性がある」と述べた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ