WHO、特定国に配慮せず

共同通信

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日の記者会見で、トランプ米大統領新型コロナウイルス感染症へのWHOの対応が「中国に偏っている」と批判したことに関連し「われわれは全ての国に寄り添っている」と述べ、特定の国への配慮などは行っていないと反論した。

 トランプ氏の名指しはしなかったが「さらなる死者の増加を望まないのであれば、政治問題化するのは、やめてほしい」と主張し「(WHOの)われわれも人間なので間違うこともある」としながらも、WHOが「最新のデータや情報、根拠などを世界に提供してきた」と、感染拡大防止に尽力してきたと訴えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ