金正恩氏、迫撃砲訓練を指導

共同通信

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩朝鮮労働党委員長が軍の迫撃砲訓練を指導したと報じた。日時や場所は伝えていない。平壌では10日、国会に当たる最高人民会議が開催される。金氏は会議に先立ち国防力強化を怠らない姿勢を示し、内部結束を図る狙いがありそうだ。

 10日付の党機関紙、労働新聞が掲載した訓練の写真では、金氏や周囲の軍高官はマスクを着けておらず、新型コロナの封じ込めを内外にアピールする意図もうかがえる。

 金氏が最高人民会議に出席するかどうかは不明。北朝鮮は国内に新型コロナ感染者はいないとしているが、2カ月以上にわたり国境を封鎖している。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ