中国の消費者物価、4・3%上昇

共同通信

 【北京共同】中国国家統計局は10日、3月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比で4・3%上昇したと発表した。上昇率は前月と比べ鈍化したが、新型コロナウイルスの影響で食品価格の高騰が続いた。

 同時に発表した3月の工業品卸売物価指数(PPI)は前年同月比で1・5%下落。2カ月連続のマイナスで、生産活動が振るわなかったとみられる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ