「フラット組織」とは?

グロービス経営大学院

フラット組織とは、中間層をできるだけ少なくした組織形態。

1つのタスクや職務遂行グループが主たる権限を持ったリ-ダーの下で機能するため、社員の自律性と意思決定が迅速になる。

意思決定の分権化、機動的なリーダーシップ、情報の共有化などの特色を持つ。

 

80年代に入ると、重厚長大産業の成熟や顧客ニーズの多様化により、多くの企業に多元的な対応が求められるようになった。新商品・新サービスの開発に迅速に対応すべく、多くの企業が従来型の縦長のピラミッド組織から、フラット組織を導入するようになった。

フラット組織は短期的なプロジェクトチームには非常に適した形態だが、一方、その企業が育んできた組織風土や価値観を浸透させ、人材を長期的に育成することが困難といった懸念もある。

 

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ