「マズローの欲求5段階説」とは?

グロービス経営大学院

マズローの欲求5段階説とは、マズローによって提唱されたモチベーション理論。人間の欲求を5段階に分類し、重要性に従ってそれらが階層構造をなしているとした。

低次元の欲求が満たされれば、さらに高次の欲求を満たすべく行動する。

5段階の分類は以下の通りである。

 

・生活生理欲求

衣食住の欲求・安全確保欲求:集団に属することで、リスクや危険から身を守りたいという欲求

 

・認知評価欲求

他者から評価されたいという欲求

 

・自己尊厳欲求

他者から尊敬されたいという欲求

 

・自己実現欲求

自己の存在意義を実現する欲求

 

上記の5段階はさらに2つに区分することもできる。

つまり、「生活生理欲求」「安全確保欲求」「認知評価欲求」の3つが組織順応型の意識や行動に対応する欲求であり、「自己尊厳欲求」「自己実現欲求」の2つが自立革新型の意識と行動に対応する欲求である。

 

なお、認知評価欲求は自立革新型であるようにも感じられるが、上司など他者からの評価を強く意識している行動である限り、組織順応型欲求に分類する。

この欲求5段階説を活用することにより、リーダーは部下組織に提示している価値が魅力的であるかどうか、またその組織を構成している大部分の人々の欲求に合致しているかどうかについての観察・考察を簡易化することができる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ