物議の広島国際芸術祭、中止に

共同通信

 広島県内で9~11月に開催予定だった国際芸術祭「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」について、県などの実行委員会は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止を決めた。事前に展示内容を確認する県の方針に反発も出ていた。

 昨年開かれたプレイベントでは「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に出展した芸術家の作品が並び、批判が寄せられた。

 これを受け、県は展示内容を事前に確認する外部委員会を設置する方針を示したが、芸術祭の総合ディレクターを務めていた中尾浩治氏(73)が「検閲的な運営だ」と反発して3月末に辞任した。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ